つい先日、初めて新車で購入した車を売ることにしました。
免許取得時には、車に興味があったわけでもなく、乗れれば良いと中古の車を購入しました。
しかし、車に乗るようになるともっと良い車が欲しいと思い、1年後に新車に乗り換えたのです。
どうしても乗りたいと思っていた車だったので、仕事を掛け持ちし、車だけの為に働いてきました。
そんな愛車ももう寿命を迎えようとしており、エンジンの不具合が続いているので、買い替えることにしたのです。
愛車にはたくさんの思いが詰まっており、「私の恋人」と言うほど溺愛していたため、友人からは痛い視線を浴びることもありました。
休日には、遠出をし楽しい時も悲しい時も一緒にいてくれたのは、愛車でした。
手放すことはとても迷いましたが、愛車はたくさんの思い出を私の胸の中に残してくれました。
新しい車も決まり、愛車と過ごすのは残り僅かです。
思い出の地へ行ったり、綺麗な景色と一緒に写真を撮影したりと、できる限りの思い出作りをするつもりです。
そして、お別れの日には「ありがとう、ご苦労様。」と声をかけ笑顔で見送ってあげたいと思います。